英検1級の気になる試験内容について

歳に関わらず、英検は相当数の方々が受験してきた信頼されているテストで、出題内容も全体的な英語力が求められるものになっています。

英検1級のその他の級とは異なる特徴としては、回答方法が全問選択ではなく、記述解答が求められるものがあるということです。

第一に4択のマークシート問題が初回の試験で十分な語彙やリーディングの能力があるかが問われる設問があります。

2,000から3,000語程度の英単語が理解できれば英語での会話が普通にできるとされていますが、1級に受かるには10,000以上もの単語を知っておくことが一条件と言えます。

出題される単語を全てカバーしていくのは至難の業なので、選択式である点を活用して消去法や推測で選ぶことも頭に入れておきましょう。

それから英検1級は、英語で文章を構成する問題もあり、全得点の1/4に該当します。

英検の第1次試験に合格したかどうかは、英作文の得点で大きく分かれるとされており、繰り返しトレーニングしておくと良いでしょう。

英作文では、自分の意見がしっかり述べられ、スムーズな文章で読み手が納得できることが必須です。

そして聞き取りでは、聞いたことを同時に理解できなくてはならないので、ニュースなど日頃から英語で聞くようにして、訓練するのがおすすめです。

英検の運営するサイトを利用してリスニング問題の音声を試聴できますので、試験の感覚をつかんでおきましょう。

それから、英検2回目のテストは出題される5つのテーマから1つをセレクトし、それを基にスピーチを発表しなければなりません。

テーマも社会性として高度な、分野もいろいろですので、過去問などから即興でスピーチできるように稽古を繰り返しましょう。