水陸両用車が好き☆

狭き門である英検1級の合格率

英検1級の合格率は毎年10%前後となっており、狭き門といっても過言ではありません。

1級の1次試験をパスするには、約7割以上の正解率が求められ、必要な点数というのは、113点あるうち、およそ80点になります。

1次試験での合格できる最低点数はこのごろは76点から79点ほどですので、自分でそれ以上の点数が取れたと思うなら、2回目の試験に向けて対応が必要です。

2次試験になると60%以上の正解率が必要で、1次試験を合格した人の内で6割程度がクリアできているようです。

前記の事実から言えるのは、英検の1級は、単語をひたすら暗記したり問題集での練習だけではなかなか合格はできないでしょう。

英検の1級を目指す場合、文法はもちろん、リスニングやリーディングなどの分野でも意欲的に取り組むことが重要です。

それ以外にも、社会情勢や海外の様子についての英語の質問がされる場合もありますので、海外の新聞やニュースにも注目しておくことが求められます。

そして試験問題傾向をよく理解し、長文読解の解き方や選択問題の答え方なども過去の問題集を使って勉強しておくと安心です。

2次試験の場合は、日本語は当然ながら、英語で会話を進めることが必須なのでスピーキングの練習も重要です。

第一に以前出題された問題を勉強しておくのは重要ですが、ひとつのテーマに合わせて自分のコメントを英語で揃えておくとスムーズに答えられるでしょう。

英検にトライする人は、1級の合格をゴールにしている人がたくさんいます。

1級の合格者であるということは、仕事や学業での評価も高くなるので、チャレンジすることをお勧めします。

私が勉強になるなと思ってるサイト

英語ニュース